まほらば ゲームネタまとめ

執筆:2005年7月4日〜(以後中断)〜公開:2006年9月22日



月刊ガンガンWINGにて連載していたハートフルコメディ、まほらば。小島あきらさん著。
単行本8巻限定版に付属していたピクチャーゲームブックのあとがきでも
「…こじまさんは『ゲーム』ということばのひびきに脳をやられていました。」
なんてあるわけで、本編中にはホント至る所に小ネタが盛り込まれていますね。

ファミコン戦士ようはくとしては、こんなオイシイものをただほったらかしにしておくこともできず、
マンガ内に隠されているゲームネタを全て白日の下に引きずり出してやろうではないかとそういうわけです。
基本的にゲームネタ以外はシカトするんでご理解の程を。

当然ですが自分が解るネタしか書き出せないので、
なんか書き漏らしとかあったらweb拍手や掲示板等々で教えてくださると、
このページの完成度が高まってワタシもアナタもゴキゲンになれるかと思います。



ですが、まぁお察しの通り同じようにネタ書きだしてるページもいくつかあるようで。
ワタシはワタシで自分でわかったものだけ書きだしてますので、
他のページで捕捉されているネタというのも少なくないです。はい。


tender blue

このページのmaho nazoに、まほらば小ネタ集が。


他に、こちらとかこちらとかなどが検索で引っかかってくれましたが、これくらいしかワタシには見つからず。




〜単行本 1巻〜

・カバーの作者コメント欄 〜 「コンゴトモヨロシク」
元ネタ…女神転生シリーズ

 ワタシ自身メガテンやったことないんですが、悪魔が仲魔になるときにこんなセリフを言いますね。全部カタカナで書かれてなければ普通の言葉なんですがねぇ。





〜単行本 2巻〜

・9話、P100の3コマ目 〜 「マラカス de アミーゴ」
元ネタ…アーケードゲーム「サンバ de アミーゴ」

 詳しいことは全然知りませんが、こんなゲームあったよね、ってことで。はい。


・11話、P176の5コマ目、桃乃さんが持ってる酒の銘柄 〜 「里見の謎」
元ネタ…プレイステーション用ゲーム「里見の謎」

 プレステトップレベルのクソゲーがこんなところに!ちょいと見つけにくいけど、超有名ゲームだから名前見れば誰でもわかるよね!わからんヤツは切腹しろ。
 縦スクロールRPGをはじめとする奇天烈すぎるシステムの数々からしてヤバイ里見の謎。ええまぁワタシも遊んだことありませんとも。だってこのゲームプレミア付きやがりなさってるデショ?安かったらとっくに買ってるっつーの。
 もう一本の酒の銘柄「情け無用」ってのは、ゲームネタでは無いにしろ里見の謎のことを指してるっぽいですなぁ。

 …ところで、同じページのマルカツって、昔ゲーム雑誌かなんかでありませんでしたっけ?ちょいと曖昧。


−知識不足編−

・9話、P91からのゲーセン内、「クラッシャージョー」、なんかの格ゲー、残虐行為手当なんかは元ネタがわかりませんでした。





〜単行本 3巻〜

・P4〜P7までのキャラ紹介コメント、P177の作者紹介コメント
元ネタ…スーパーロボット大戦シリーズ

 まぁ精神コマンド見れば誰だってわかりますよね。すごいおおっぴらに現れてるゲームネタ。


・P22
元ネタ…なんかの格ゲー

 テキトーですいません、格ゲー知らないし。この画面はカプコンvsSNKあたりですかね?


・15話、P91の4コマ2つ目のタイトル 〜 「そして伝説へ…」
元ネタ…ドラゴンクエスト3

 こんなもん書かなくても良かったかもと思うほどですが一応。


・15話、P92の1コマ目 〜 「せっかくだからオレは赤いトビラを選ぶぜ!」
元ネタ…デスクリムゾン

 例のごとくゲーム自体はやったことも見たこともないですが、ネタそのものが有名だからねぇ。全然赤くないんですよね、トビラ。灰原さんのセリフ「チンチコーレ」ってのはなんなんでしょう?わかりません。


・15話、P94の2コマ目、背景
元ネタ…パックマン

 …というかなんというかまぁその。ゲームネタとして取り上げるかどうか微妙なラインですけど。
 ところで、このページの最後のコマ、「強いから勝つんじゃない 勝った者が強いんだ」ってのは誰のセリフですか?


・17話、P153の3コマ目 〜 「ガルノフ」
元ネタ…ファミコンソフト「カルノフ」

 見た目的にもラーメンマンのちょっとデブみたいなのが主人公のアクションゲーム、カルノフ。ほとんどプレイしてないけどタイトルは知ってます。
 同じコマの効果音「パパラパー」は、スーファミ半熟英雄のエッグモンスター『タマゴまじん』のセリフだと思うんですがいかがか。



 …余計なことですが、17話、P171の「トゥエルブ」を見るとどうしても「トゥエルブスタッグ」を思い出してしまうのです。
 あとマジェスティックトゥエルブとか。やばすぎますね。


−知識不足編−

・12話、P14の「しんせつ たまみやかた」、17話、P159の「未来水晶(アスタル)」、などの元ネタは知らなかった。

・15話、P78の1コマ目、「曼陀羅華」ってのはゲームネタなのかかなり微妙。沙羅曼陀には近いですが。





〜単行本 4巻〜

・カバー下の裏表紙、エロール(山吹翼)の格好
元ネタ…スーファミソフト「風来のシレン」

 というか実際の風来坊ってのはこういう格好なんですかね?とりあえず、シレンはこんな格好ですが。


・18話、P23の5コマ目 〜 「Xカリパー」
元ネタ…FF5

 これもわざわざ書き出すことはないネタですなぁ。まぁ敢えてカリパーなところがまた。
 あとエクスカリパーといえばFF5でギルガメッシュですが、ここら辺で他のシリーズがどうとかという苦情は受け付けません。7以降のクソシリーズを挙げるようならむしろ叱りますから。


・18話、P29〜P30の、黒枠内の文字
元ネタ…ウィザードリィシリーズ

 有名シリーズなのでこれまたあまり書くことは無い。ワタシはまたしても未プレイだが、わかる話である。
 あと「滅」ってのはストリートファイターのアレでしょうが、個人的にこのネタそのものが嫌いです。


・20話、P74の4コマ目(?)、浮き輪の文字 〜 「HAPPY SWAN CRYSTAL」
元ネタ…ワンダースワンクリスタル

 白鳥とスワンを掛けたところに、もう一捻り思いついたってところでしょうね。


・20話、P78の4コマ目、海の家の看板 〜 「SEA GUY 屋」
元ネタ…ゲームボーイソフト「サーガイア」

 …思いつきはしたけど、ちょっと無理ありすぎるかな?サーガイアってのは、タイトーの超有名シューティング「ダライアス」のゲームボーイ版です。ダライアス知らない人はちょっと考えを改めた方がいいです(何


・20話、P81〜P82の、オダイカン&オダイカンγ
元ネタ…マザー

 これがわからない人は、今すぐスーファミのマザー2を買ってきて、主人公のプロフィール記入時の「カッコイイとおもうものは?」という質問の答えを「オダイカン」にし、ゲームを進めましょう。いずれわかりますが、わかってから後悔しても知りません。
 余談ですが、P81のジェットセットと見て、ドリームキャストの「ジェットセットラジオ」が浮かびます。またしてもゲーム名のみ。


・21話の白鳥くんの服の文字 〜 「達人」(表)、「抜群」(裏)
元ネタ…東亜プランのシューティング「TATUJIN」「BATSUGUN」

 弾速重視なシューティングなため、弾幕系からシューティング始めたワタシにはプレイできないシロモノです。


・22話、P146の5コマ目、漫研の看板 〜 「THE 漫研」
元ネタ…プレステのシンプル1500シリーズ

 いろんなタイトルがありますが、THEが付いてるのはそれじゃないか、と。


・22話、P147の3、4コマ目 〜 「スプラッタハウス」
元ネタ…スプラッターハウス

 アーケードとかファミコンとかでありますね。ファイナルファイトみたいなタイプのアクションゲームだった気が。これもほとんどプレイしてません。


・P175のタイトル 〜 「あとがき地獄 通」
元ネタ…ぷよぷよ通

 2を通と記述してるのはぷよぷよ以外にありましたっけ?
 まぁそれはさておき、ぷよぷよと言えばコンパイルですが、コンパイルと言えばぷよぷよ、これは間違いです。コンパイルと言えば「ザナック」「ガーディック」「アレスタ」をはじめとする高速スクロールシューティングだろうが!!コンパイルでぷよぷよしか思いつかない人は全員彼女います。





〜単行本 5巻〜

・カバーの作者コメント欄 〜 「ミンナニハ ナイショダヨ?」
元ネタ…ファミコン「ゼルダの伝説」

 隠し部屋にいるモリブリンのセリフ。ルピーくれる。


・カバー下の表紙、1コマ目 〜 「豪雨の新開地」、「カラオケスナックあぜ道」
元ネタ…ファミコンソフト「たけしの挑戦状」

 超有名クソゲーからのネタなので、コメントもなにもあったもんじゃないぜ!クリアはできません。


・23話、P6の3コマ目、壁のポスター 〜 「頭脳戦艦ゲル」、「王の騎士」
元ネタ…ファミコンソフト「頭脳戦艦ガル」、「キングスナイト」

 かなりキてるファミコンソフト2本立て。特に頭脳戦艦ガル、これはどこからどう見てもシューティングというジャンルのゲームですが、スクロールRPGと銘打ってあるのでRPGなのでしょう。高周波が〜!
 キングスナイトは、シーフ(トビーだっけ?)のステージが難しすぎます。


・P98、珠ちゃんの説明文 〜 「激写ガール」
元ネタ…激写ボーイ

 またしてもゲーム名しか知らないゲーム。でもこのタイトルは強烈だから印象に残るだろうが!でもどうやら激写ボーイ2では激写ガールが出演してる模様。


・同上 〜 「死ぬがよい」
元ネタ…ケイブのシューティング「怒首領蜂大往生」

 怒首領蜂大往生のキャッチコピー。これが出た頃の緋蜂の攻撃はもはや常人が見て正常でいられるものではなかった。最近になると…虫姫ウルトラとかあるし…ねぇ?でも緋蜂改は今でも充分ヤバイと思うよ?


・26話、P111の1コマ目、棗ちゃんの読んでる本 〜 「究極虎」
元ネタ…東亜プランのシューティング「究極タイガー」

 繰り返すが名前しか知らない。でもシューティング好きだと、とりあえず様々なシューティングのタイトルくらいは頭に入ってるよ。


・26話、P116の5コマ目 〜 「囁き!祈り!詠唱!念ジろ!!」
元ネタ…ウィザードリィ

 だからウィザードリィは未プレイなんですが、いろいろネタが有名になってるでしょ?!なんかこんなんばっかし。
 ささやき いのり えいしょう ねんじろ


・27話、P135の1コマ目、書道の文字 〜 「大往生」
元ネタ…ケイブのシューティング「怒首領蜂大往生」

 まぁ何も知らないカワイソウな人が見ればただの大往生なのかもしれませんが、大往生っつったら大往生だろうが!!
 コンボつなぐのが難しいため稼ぎに微妙にアツくなれない。ケツイとかガルーダの方が好き。


・同上 〜 「乱れ雪月花」
元ネタ…ロマンシングサ・ガ2の大剣技「乱れ雪月花」

 以降のシリーズでも登場する、グラフィックの美しさが魅力的な大剣技。威力も非常に高い。やっぱロマサガ2だろ!サガフロでは連携技でしたね。


・P168のタイトル 〜 「あとがき地獄SUN」
元ネタ…ぷよぷよ

 あとがきはぷよぷよで攻めたくなったらしいね。ワタシはぷよぷよあんまし好きじゃないんで。だって連鎖中は思考停止するし手も完全に止まってるでしょ?それじゃあ…だめよ!やっぱパズルはパネポン最強です。誰か相手になってください。





〜単行本 6巻〜

・カバー下の表紙 〜 「駆り立てるのは野心と欲望 横たわるのは狐と兎と猫」
元ネタ…スーファミソフト「タクティクスオウガ」(プレステ&サターンも)

 カオスルート第3章のサブタイトルが「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚」。
 戦略シミュレーションゲームの最高峰ですね。コレを超えるゲームはねぇよ。ガチで。


・カバー下の裏表紙 〜 「三国夢想妄想編」
元ネタ…三国無双

 真・三國無双3 猛将伝なんですか?ワタシはそんなの知らないです。


・P176のタイトル 〜 「あとがき地獄よ〜ん」
元ネタ…ぷよぷよ

 もういいですか。



−知識不足編−

・カバーの作者コメント欄のゲーム映像はなんなんですかね。
 見た目はソルバルウとバキュラっぽいんですが、それで3Dってことはこのゲームはソルバルウですかね?
 ゲーム画面を確認できず。





〜単行本 7巻〜

・33話、P8の1コマ目、桃乃さんのカレンダー 〜 「空手家」
元ネタ…ファミコンソフト「カラテカ」

 どうみても後ろ下がりすぎて落ちています。ありがとうございました。
 テケトーだけど相手もちゃんと礼してるし!流石すぎます。


・33話、P12以降、白鳥くんの服の文字 〜 「もょもと」
元ネタ…ドラゴンクエスト2

 あの「ゆうていみやおう・・・」のパスワード入れたときのローレシア王子の名前がもょもとでした。レベル48。
 有名すぎて涙が出ますね。発音できません。


・33話、P32の白鳥くんの服の文字 〜 「空牙」(表)、「雷電」(裏)
元ネタ…データイーストのシューティング「空牙」、セイブ開発のシューティング「雷電」

 そのまますぎですね。どんだけゲームシャツ持ってるのかと。
 ぁあワタシは空牙はやったこと無し、雷電もちょっとしか。攻略DVDも買ってないです。


・34話、P44の灰原さんが読んでる本 〜 「薪割ダイナミック」
元ネタ…スーファミソフト「ロマンシングサ・ガ3」

 斧技ですね。途中までしかやってないのであまり記憶にありません。
 ロマサガは1と2は結構やったんですが、2は「マキ割りスペシャル」でした。


・34話、P52のさっちゃんが持ってる本 〜 「大技林」
元ネタ…大技林

 昔のゲームのウラワザとゆえばコレ、ゲームカタログとしてもスグレモノ。いつしか広技苑と名を変えた。
 ゲームタイトルと裏技の量がすさまじく、厚みが広辞苑と同等になってしまったからか。
 最近は旧ハードを全部カットした薄型も良く出るが、久々に分厚いのがきたと思ったら旧ハードはタイトルのみとかそんなのいらねーよ。
 旧ハードのバッチリ載ってるのは今でもバイブルですね。


・34話、P56、ゲーセン内部 〜 「ノブチェル(ODECO)」、「オーサル猿(ENN)フォーサーズ」
元ネタ…データイーストのアクションゲーム「チェルノブ」、コナミのガンシュー「リーサルエンフォーサーズ」

 デコゲーの極み、戦う人間発電所・チェルノブがこんなところに…
 ポスターはメガドラ版のタイトル画面まんまですね。アケ版のポスターとかは見たことも無いので。

 あとリーサルエンフォーサーズは全然知りません。最初「リーサルエンフォース」だと思ってググったら、
 なんか同じ思い違いしてたと書かれたページが見つかったとかそんな裏話。


−知識不足編−

・P1のゲームっぽい画面はなにがモデルなんでしょうか?謎です。全然わかりません。

・ゲーム関係ないですが、カバー下の黙示録と破戒録はご勘弁を。
 まほらば黙示録。五重人格は非常にリーズナブル、良心的設定でございます。
 予想の斜め上を行きすぎれば、ゾイド黙示録という突拍子もない元ネタも出せますが。





〜単行本 8巻〜

・カバーの作者コメント欄画像
元ネタ…ファイナルファンタジー4

 恐怖のデモンズウォール戦が再現されてますね。
 アニメ化がめでたいと書いてますが、そこでこの映像持ってくるのか?!


・38話、P27の6コマ目、本棚の側面 〜 「ハメ通」
元ネタ…ゲーム雑誌「ファミ通」

 まぁファミ通はどうでもいいとして、ハメ通て。ハメ技大特集て。なにその不謹慎きわまる雑誌。


・39話、P40の2コマ目、ゲーセンのポスター 〜 「ボーイギア」
元ネタ…ゲームギア

 PSP発売日に行列に並んでゲームギア買ってきた父親に対して息子が暴行をふるったという嘘ニュースが今でも思い出されます。


・39話、P48の1コマ目、ゆのみの文字 〜 「鮫鮫鮫」
元ネタ…東亜プランのシューティング「鮫!鮫!鮫!」

 ま た シ ュ ー テ ィ ン グ かwwそしてこれまたプレイしてないです。
 そんなんばっかですいません。


・40話、P87の1コマ目 〜 「大吟醸 決意」
元ネタ…ケイブのシューティング「ケツイ〜絆地獄たち」

 決意だけでちょっと無茶すぎる解釈でしょうか。
 しかし、これだけシューティングネタ出まくってたらこれはもうケツイでキマリじゃないですかね。
 ツンデレラアンバーにすら勝てません。まだツンツンしてます。


・40話、P92の4コマ目、灰原さんが持ってる小説セット 〜 「怒首 蜂…」
元ネタ…ケイブのシューティング「怒首領蜂」

 まったく、8巻はシューティング祭りか?!
 帯の下に微妙に字が書いてあるっぽいからどうもこれも大往生っぽいですが。


・41話、P117のゲーセンのポスター
元ネタ…「ビフォアバーナーU」→ファミコンソフト「アフターバーナーU」
     「ぜんぜん教の野望」→アーケードゲーム「ずんずん教の野望」
     「素段の剣」→メガドライブソフト「ソードオブソダン」
     「牛キング」→「甲虫王者ムシキング」

 セガのゲーム勢揃いですね。圧巻すぎます。ゲーセン名「GASE」だからか…
 アフターバーナーはアーケードですが、他のハードで出たのとかどうだったかとか含めてはっきりとは断言できないです。ファミコン版は間違いなくアフターバーナーUです。
 ソードオブソダンはクソゲーで有名すぎるのでやっぱ名前だけ知ってます。
 ムシキングはあれハード的になんて言えばいいのか謎です。


・42話、P145の2、3コマ目、ダンボールの文字 〜 「東亜プリン」
元ネタ…東亜プラン

 もう何度も出ているゲームメーカー。ちょっと上にも書いてあるし。





〜単行本 9巻〜

・カバーの作者コメント欄画像
元ネタ…ファイナルファンタジータクティクス

 もうまんまですね。コメントは要りません。FFTだし。
 P1の絵もFFTの戦闘画面ですね。ウェイトターンでなくチャージターンだからタクティクスオウガじゃないです。


・45話、P80以降の白鳥くんの服の文字 〜 「東方見聞録」
元ネタ…ファミコンソフト「東方見聞録」

 東方見聞録はそりゃファミコンソフトだけに限ったことじゃないですが、こんだけゲームネタ出てたらマルコポーロとかシカトするしかないでしょうに。
 46話までこの服のままですね。


・番外編「ヒカリ」、P131の3コマ目、タバコの銘柄 〜 「SEVEN FORCE」
元ネタ…トレジャーのメガドラソフト「ガンスターヒーローズ」

 セブンフォースの名が示すとおり、全7形態に姿を変えるボス。
 タバコの銘柄にこのカリスマボスを持ってくるとは…!って感じですね。ガチで。


・P176のタイトル 〜 「あとがき地獄フィーバー!」
元ネタ…ぷよぷよフィーバー

 あとがき地獄はここまでぷよネタだったので今回もしっかりといったトコですね。





〜単行本 10巻〜

・50話、P110の白鳥くんが読んでる本 〜 「…カとサトリの夢冒険」
元ネタ…ファミコンソフト「えりかとさとるの夢冒険」

 ナムコのゲームということ以外あんまし知らないのですが、中古ワゴンによくごっそりあるのを見かけます…
 なんでこんな本を読んでるのかを激しく問い詰めたい一品。


・番外編「夏祭り」、P123のホモスキー(藍沢理想奈)のコスプレ
元ネタ…トレジャーのシューティング「斑鳩」

 P124の決め台詞「討て!裂けろ!!そして中れ!!!」は、斑鳩のキャッチコピー「撃て!避けろ!!そして当たれ!!!」を漢字変えただけですね。P1にはカラーイラストもあり、その白と黒のコントラストはまさに斑鳩そのもの。マンガの内容見る前からどうもおかしいといぶかしんでましたが、ドンピシャでしたね。
 ぁあでも「ニーナタン」ってのは斑鳩とは完全に関係ないんじゃないですかね?
 ワタシはニーナというとブレスオブファイアしか思いつきませんが。


・P145、まほらば異聞録 まほらば探偵倶楽部 うしろに立つ女
元ネタ…ファミコンソフト「ファミコン探偵倶楽部2 うしろに立つ少女」

 ディスクシステムのアドベンチャーゲームです。アドベンチャーは基本プレイしてません。

 微妙なところなんですが、32番のコマの落とし穴はミシシッピー殺人事件…?ちょっと無理ありますかね。
 あと、38番のコマのヒャクトンはキン肉マンですから、ディスクシステムのゲーム「キン肉マン キン肉星王位争奪戦」と考えることも可能です。


・P174のタイトル 〜 「あとがき地獄BOX」
元ネタ…プレステソフト「ぷよぷよBOX」

 検索かけるまではわかりませんでしたが、ぷよぷよシリーズとアタリをつけて調べればわりとすぐ判明しました。


−知識不足編−

・あとがき地獄BOXってのは、今までの流れからするとぷよぷよに関することなんですかね?





〜単行本 11巻〜

・カバー下の表紙サブタイトル 〜 「空と海と大地と呪われし人々」
元ネタ…ドラゴンクエスト8

 意味も分からずだらだらと長くされた、痛すぎるキャッチコピーここにあらわるですな。流石です。


・56話、P139のシグルミーが入っていたダンボールの文字 〜 「TEITO」
元ネタ…TAITO

 まぁ説明とかいらんですかね。タイトーです。ダライアスですね。奇々怪界ですね。クレオパトラフォーチュンですね。


・P167のタイトル 〜 「まほらば外伝 あとがき地獄ウォーズ」
元ネタ…ゲームボーイソフト「ぷよぷよ外伝ぷよウォーズ」

 まぁその、これもググったらすぐ見つかりました。やっぱググるまではわからなかったですが。


−知識不足編−

・カバーの作者コメント欄の画像は何の落ちモノパズルゲームなのか?ぷよぷよっぽいけど微妙すぎて。

・51話、P15の1コマ目、珠美ちゃんのダッシュはなんか元ネタがありそうな予感ですが…





〜単行本 12巻〜

・58話、P22の1コマ目 〜 「斑鳩」、「閃光の銀銃」、「蜃気楼の影」、「異星闘士」、「…英雄たち」
元ネタ…トレジャーのゲームソフトタイトル

 トレジャーゲー大集合、ファンにはタマラナイ小説大賞です。マジで読ませてください。
 斑鳩はそのまま斑鳩ですが、他のは全てタイトルの無理矢理日本語訳。
閃光の銀銃=レイディアントシルバーガン
蜃気楼の影=シルエットミラージュ
異星闘士=エイリアンソルジャー
…英雄たち=ガンスターヒーローズ or ガーディアンヒーローズ
これが小島さんのトレジャーゲーランクなんですかね?
しかし上から斑鳩、銀銃、シルミラとは、わかってるというか流石というかなんというか。


−知識不足編−

・カバーの作者コメント欄の画像はノベルゲームっぽいですがこれまた微妙な絵ですね。





〜まほらば 朱・碧〜

・カバーの作者コメント欄画像(朱・碧両方)
元ネタ…ロマンシングサ・ガ

 戦闘終了後の能力値アップのとき、キャラがポーズ決めて「〜がアップ!」ってなるわけです。


・朱、P143のタイトル 〜 「わくわくあとがき地獄決定版」
元ネタ…プレステソフト「わくわくぷよぷよダンジョン決定版」

 もとはサターンのようで。


・碧、P142のタイトル 〜 「あとがき地獄DA! featuring Brownie Brown」
元ネタ…ドリキャスソフト「ぷよぷよDA! featuring ELLENA System」

 マジ全然知りませんでした。あとがき地獄はぷよぷよシリーズだとわかってるからこそなんとか…って感じ。





〜まほらば 蒼〜

・カバーの作者コメント欄画像
元ネタ…ファミコンソフト「ポートピア連続殺人事件」

 エニックスですからといわんばかりのこの画像をここで使ってくるとは策士ですね。
 犯人はヤス。


・P199のタイトル 〜 「す〜ぱ〜あとがき地獄」
元ネタ…スーファミソフト「す〜ぱ〜ぷよぷよ」

 もはや書くことはない。



…ところで、小島先生徹底解剖のところで、編集の人と伝説のオウガバトルトークで盛り上がるのはいかがなものかと思いました。流石すぎます。
カオスフレームが1下がった!!Shiiiiiiiiiit!!!





〜まほらば 白〜

・カバーの作者コメント欄画像
元ネタ…スーパーマリオブラザーズ

 これはコメントに苦しむ画像ですね。マリオだけどまぁいろいろ異なる部分はそりゃあるし。
 まぁマリオで。





〜単行本8巻初回限定付録 まほらばピクチャーゲームブック〜

・30番、51番、74番、123番のコマ 〜 「ついにねんがんの(以下略)」、「氷剣」、「そう かんけいないわ」
      「ころしてでもうばいとる」「な、なにをするんですのあなたたち!」
元ネタ…ロマンシングサ・ガ

 有名すぎて解説するのがアホらしくなるほどガラハドです。ありがとうございました。
 「ついに ねんがんの アイスソードを てにいれたぞ!」「ゆずってくれ たのむ!」「な なにをする きさまらー」は原文。
 他の2つの選択肢は上記のまんまですね。
 扇子に書かれた文字がアイスソードだし。


・33番のコマ 〜 「ナンカコウテクレヤ」
元ネタ…ファミコンソフト「ゼルダの伝説」

 最初はディスクシステムですが。
 で、これは店に入ったときに言われる台詞原文ままですね。シンプルすぎます。


・36番、60番、89番のコマ 〜 「冒険の本」
元ネタ…ドラゴンクエスト3以降

 おきのどくですが ぼうけんのしょ1 は きえてしまいました。
 ドラクエ3のトラウマですね。深入りはやめましょう。


・62番、148番のコマ 〜 「…ざんねん! さよこさんのぼうけんは これでおわってしまった!」
元ネタ…ケムコのファミコンソフト「シャドウゲイト」

 あまりにひどいアドベンチャーゲームでした。マジでやっても知らなければ3部屋目くらいでざんねんですね。


・77番のコマ 〜 「コンゴトモヨロシク」
→1巻ですでに登場済み。


・93番のコマ 〜 「コマンド?」
元ネタ…ドラゴンクエスト

 1の戦闘画面はこんなんですね。「スライムがあらわれた!コマンド?」


・124番のコマ 〜 「さよこぱんち」、「さよこちょっぷ」
元ネタ…熱血行進曲等くにおくんシリーズ

 まっはぱんちやまっはちょっぷ、ひらがなで書いてあるのはそう考えていいんじゃないですかね。


・126番のコマ 〜 「※おおっと!※」
元ネタ…ウィザードリィ

 未プレイなのではっきり言えないんですが、かの有名な「おおっと!テレポーター!」ではないでしょうか。
 まぁこれだと強制的に全滅ですけど。


・139番のコマ 〜 「しかし 何もおこらなかった!」
元ネタ…ドラゴンクエストシリーズ

 わざわざ書かなくてもいいような気がしてなりませんが一応。


・156番のコマ 〜 「…いしのなかにいる…」
元ネタ…ウィザードリィ

 上で書いたのが実際になってしまったのがこちらですね。


・173番のコマ 〜 「SMAAAAAASH!!」
元ネタ…マザー

 1でも2でもスマッシュはマザーのクリティカルヒット。のうじるでまくりです。


・その他
 107番のコマの構図が、ゲームボーイの「ゼルダの伝説夢を見る島」っぽいんですが。 オオワシの塔のボス戦がこんなカンジです。


 104番にジョジョ第2部終了のネタがありますね。ゲームネタじゃないですけど。


 130番のコマの「ポチッとな」の元ネタなんでしたっけ?スパロボFかなんかで使用されたという記憶はあるんですが、そのさらに元ネタが思い出せません。





トップへ戻る