DECIMATION X


開発元:Xona Games
価格:80MSP
概要:固定画面シューティング

XBLIG紹介ページ 
公式サイト 



執筆…2010年6月12日(土)




正直な話、このゲームが出るまで、ハコ○のインディーズゲームにはほとんど魅力を感じるところがありませんでした。


ゲームのサムネイルを見るとどこからどう見てもスペースインベーダー、しかしゲーム画面のサンプルを見ると、そこには怒首領蜂かと思うほど異常な量の弾を発射している自機の姿が…ッ!

スペースインベーダーの正統進化系といえばやはりスペースインベーダーエクストリームですが、インベーダーゲームに音ゲーの要素やビンゴゲームの要素を取り入れた、ある意味で亜流でもあると思うのです。

それに対して、こちらはハヤリの弾幕要素を取り入れてしまいました。
敵がそんな鬼のような弾の嵐を降らせてくるのに、自機が単発砲台ではにっちもさっちもいかないため、さまざまなアイテムで自機を強化し、なんだかよくわからない形をした敵どもを砲台から垂れ流されるショットで屠りつくすのです。




ゲームのシステムは完全にインベーダーなので、特に説明は不要でしょう。
自機(名称:Xonatron)は最初からある程度は弾を連射できますが、1発連射では貧弱すぎます。
敵を倒すと、たまにアイテムが出現し、それを取ることで自機が強化されていきます。


P…パワーアップ。一定数(画面左上に表示)取ることでショットがパワーアップし、一度のショットで2発、3発…と発射数が増えていきます。
 Pアイテム2つ分の効果があるP2もあります。

B…エキストラバレット。画面内に発射可能な弾の数が増加します。
 Bアイテム2つ分の効果があるB2もあります。

S…シールド。敵の弾を防いでくれるヤマが4つ出現します。
 厚みが半分でより広い範囲を防ぐヤマが2つ出現するS2もあります。

R…ラピッドショット。弾速が上がります。

A…オートファイア。でも最初から自動連射の自機砲台の何が強化されてるの…?これ。
 あ、もしかして弾の発射間隔速度が上がってるのか?

I…I-BEAM。自機周囲が正規分布図のようなビームバリアに覆われ、あらゆる弾をシャットアウトします。
 時間経過で加速的に自機中心へと収束して消えていきます。

pt…ポイント。スコアアイテム。



画面上部に「EXTRA FIGHTER」と「ICON SHOWER」の二つのゲージがあり、敵を倒したりアイテムを取ったりステージをクリアしたりしてるうちに増加していきます。

EXTRA FIGHTERはその名の通り残機がひとつ増えます。
ICON SHOWERゲージがMAXになると、にぶい音がして画面上部からアイテムの列が降り注いできます。
全てのアイテムを取れるほど自機のスピードは速くないので、降ってくるアイテムの種類を見極め、有効なアイテムを多く取れるポイントを見つけることが重要です。
基本的には、パワーアップとバレットはいくつあっても足りません。特に序盤はバレットアイテムが足りなくなると連射が途切れて面倒です。
シールドアイテムを二つ以上取る意味は当然ありません。Sが多い地帯は避けるべき。
Iがあるようなら、敵弾に邪魔されない限りは必ず取るようにしたいですね。


アイテムはもちろん自機を重ねることで取れますが、アイテムが画面下部へ消えていってしまっても、アイテム取得判定部分が完全に消えるまでは猶予があるようです。
パッと見取れなさそうだからと諦めることなくアイテムに喰らい付いていくべきです。結構取れるから。


出現するアイテムは、どうもランダムではなくほぼ決まっているようですかね?
P2やB2が出現し始めるタイミングや、バリアアイテムもいつも同じときに出ている予感です。



ステージ開始時や自機復活時は、こちらがショットを撃たない限り、敵から攻撃はしてきません。
ステージクリアのタイミングでアイテムが降ってくることがよくありますが、このときは弾を撃たず敵に攻撃させず、アイテムをじっくり見てがっつり取るのがオススメ。

また、ステージ開始時などは敵群がシールドのヤマの真上にいるわけですが、こちらの攻撃がまるで当たらないのに弾を撃ち始めると、それだけ無意味にシールドが削られてしまいます。注意。




敵の弾幕はレベル上昇に伴い本当にひどいことになっていきますね。
ラスト1体になったときに、完全に自機幅的に避けられないくらいの間隔で弾を撃たれると泣きそうになります。
画面端にちょっとだけ残っているシールドがとってもいい仕事をしたりすることはよくあります。
ワタシ自身、たしかレベル50までいったことがあったかどうか、くらいなんですが、さらに先へ進めると見たこと無いアイテムとかあったりするんですかね?なさそうですけど。




このゲーム、こともあろうにオフライン4人同時プレイが可能という狂った仕様です。
敵を倒して出るアイテムにはあまり変わりがない気がしますが、ICON SHOWERゲージはプレイヤーごとに別なので、それで帳尻を合わせているようなカンジでしょうか。
それに、複数人数でプレイするとどうも自機の強化スピードが早い気がします。少ないアイテムでやたら強化されてる予感。


同時プレイ時の特徴をいくつか箇条書きにすると。

・アイテム取得時、自機を動かしているほうがアイテム取得判定が上部になってるカンジ。
・他人のI-BEAMバリアに潜り込めますが、バリア張ってる機体の移動には注意。
・誰かが死んだ瞬間、こちらの攻撃と敵の攻撃&移動が停止し、全ての敵弾が画面下に消えたら死んだ機体が復活。


協力プレイもかなりアツいので、オフラインプレイヤーがいるなら是非経験するべき。




あと音楽いいなぁ音楽。
タイトル画面の曲とステージの曲しかなく、メロディ的にはどっちも同じですが、ゲームに没頭できる良い曲だと思います。
エンドレスなゲームだからこそ、いつまでも聴き続けられる名曲だということは重要になってきますね。



Jump in.





ハコ○アーケードレビュートップへ

HPトップページへ戻る